読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想リクエスト

乃木坂の妄想リクエストが好きなので台本作ってみます。生駒ちゃんにやってほしいなということで!

テーマは「ハートのアイス」

 

生駒「ねぇ~今日暑い‼あ⁉ジャンケンしよっ」

 

男友達「何で?」

 

生駒「いいから!ジャンケンぽい‼」

 

男友達「・・・負けちゃった、何のジャンケン?」

 

生駒「アイスジャンケン」

 

男友達「え~また何も聞かされないジャンケ                   ンシリーズかよ。何にするの?」

 

生駒「ハーゲンダッツ!」

 

男友達「うわっハーゲンダッツかよ」

 

生駒「いいじゃん!は~や~く~」

 

男友達「…はい、バニラとストロベリーどっ                   ちにする?」

 

生駒「うーん、ストロベリーかな」

 

男友達「はいストロベリー」

 

生駒「ありがと!パカッ…何これハート                       型?」

 

男友達「あっハート型!ハーゲンダッツでた                   まに出るんだって、ラッキーだね」

 

生駒「そっか………あのさ、やっぱりバニラが             いいな」

 

男友達「えっあぁいいよ、はい」

 

生駒「んーやっぱおいしいなー…ストロベリ               ーおいしい?」

 

男友達「ん、おいしい」

 

生駒「一口もらっていい?」

 

男友達「いいよ」

 

生駒「もらうね…あーなるほど、そうかそう               か、ふーん」

 

男友達「どうしたのさ?」

 

生駒「今、こんな味。甘酸っぱいね」

 

男友達「そうだね」

 

生駒「そうだよ」

 

 

 

はいっ‼恥ずかしくない‼生駒ちゃんの名前使っちゃたし‼何となく説明しますとずっと片想いしている男友達に自分の気持ちを隠して過ごしていたときにハート型のストロベリーのアイスが出てきた。恋をしていることを伝えられるわけないけど、隠していたいけど、不意に出た気持ちをハート型のストロベリーのアイスに預けて男友達に渡したのです‼

 

 

 

渡した後に確かめてみたかったんです。どんな味か。正直じゃないし、伝わらないし客観的になっちゃって出た言葉が「甘酸っぱい」

はい‼ちなみにドラマ「カルテット」を参考にしてみました。あっちはもっと映像的でいじらしいですが。こっちはアイドルがする予定(?)なので恋をしている可愛い女の子をイメージしてほしいです。

 

 

 

どうでしょうかね?いずれ恥ずかしくなってきたら消しますね😳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続・シャムキャッツとHomecomings

はい、前回の続編です。

シャムキャッツは何ではまったのかというと「すてねこ」ていう曲を聞いた時に今まで自分が聞いてきたくるり奥田民生が見えたような気がしました。特に曲の最後の盛り上がりの

 

牛乳のんで大きくなって

好きに遊んで 好きに眠るのさ

 

このフレーズだけで一聴き惚れですね。

 

この街の一つの舞台から色んな人の人生があって色んな人と出合い生きていく、この日常を頭の中で視覚化をしてくれて客観的に考えるんですよね。自分はこの街で生きていくのかなって。

 

僕は今、就活真っ只中で気持ちとして希望職種はあるんですけど場所はどこでもいいかなと考えてたんですけど、なんか今まで住んできた土地に愛着がない自分をなんて冷めた人間なんだろうと思っちゃって凹んじゃいました。考えが変わったのはシャムキャッツのお陰ですね。正確には思い出したんですが、今まで住んできた土地に愛着があったからこそ今度の街でも大丈夫って思ってるんだろうと。

 

だって思い出ありますもん!団地で陽がくれるまで鬼ごっこしたり、人の家のベランダで小さなビニールプールで友達とはしゃいだり。楽しかったなぁ。自分が忘れていただけで、懐かしい気持ちは掘り起こせば環境に適応していく大きなきっかけになりますよ。シャムキャッツは社会性を絡めた歌詞が生きていくヒントになりますよ。特にこれから社会に出て生きていく自分にとっては。就活がんばらないと。

 

]
シャムキャッツ - MODELS - YouTube

 

特に「MODELS」は大切な曲です。

聴いてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

シャムキャッツとHomecomings

最近は何気ない日常がこの二つのバンドによって色が塗られているような気がします。

シャムキャッツは何となくパステルカラーでHomecomingsはスパンコールが散りばめられたキラキラした色ですね。

 

本当に最近知ったんですよね。最初に好きになったのはHomecomingsで聞いた曲は「HURTS」でした。初めて聞いた時はぶっちゃけはまらなかったんですよ(笑)去年の夏休みぐらいってとこでしたね。その後忙しすぎてあっという間にクリスマス前になりましてね。まぁクリスマスって1年間誰かにどのように愛されたか知らされる通信簿をもらうような日に感じてね、寂しさと1年に対しての喪失感を感じちゃったりしてさって不貞腐れてる時にHomecomingsの「HURTS」をずっと聴いていました。振り返ればこの1年間は失ってきたものばかりで自分で自分を苦しめて、前は笑顔で話せた友達とは何となく気まずい仲になり、どうして不器用な生き方しかできないんだろうと悩んだりして2016は辛い1年間でした。

毎日毎日とは言わないけれど

嫌なことが次から次へとやってきて

なんとなくの寂しさが夜に向かってやってくる

 

本当に嫌なことが多く続くと何に対して寂しさを感じているのか分からなくなるんです。それでも

 

失意は砂時計の中に埋まっていて

掘り起こすのに必死だよ

そのときそこにいられるように願っているよ

ちょっとした運みたいなものなんだから

 

自分が愛しいと感じるものが今まで出会ってきた人や物。過ぎ去ってきた日々の喪失感は当時は気づかなかったけど、自分なりに大切にしてきたものなんだと思います。

 

明日はきっとよく眠れるよ

ちょっとした運みたいなものなんだから

 

これから出会う人が今後は大切になってくるかもしれない。明日はいい日になーれ!と願いながら今日も暖かいベッドで寝ます。

おやすみなさい。

 

ps シャムキャッツは今後(笑)

鈴木絢音ちゃんの…

乃木坂ちゃんの鈴木絢音ちゃんが推しなんです。最初は絢音ちゃんがただただ可愛らしくて一発で好きになっちゃいましたね。

彼女の僕が個人的にいいなって思うところはブログに使われる言葉がとても丁寧で綺麗な言葉を使っていて自分が興味を持って知ったことをそれもまた丁寧に教えてくれるんですよね。

僕は昔、多くの人がいる前で丁寧に綺麗な言葉を使う子に惚れたことがありました。本当にうっとりしていつでも聞けるような言葉を話すので好きなるというよりは惚れるという表現が一番近いかなって思うんです。その子とはまぁ…結果的にはダメでしたけど今でも、そこが印象に残る子でした。

絢音ちゃんも最近は辞書を取り寄せてるらしいですね!言葉に探求的になれる子は様々な身の回りのことを自分の知っている言葉を当てはめて人に教えたり、自分で何かに気付けたりする幅が広くなっていくと思います。絢音ちゃんは乃木坂工事中ではあまり喋らないですが、プライベートや他の番組ではよく話す子です。そんな絢音ちゃんが何を感じてどんな言葉を用いて人に伝えるのか⁉個人的に密かに思う絢音ちゃんの注目ポイントかなって思ってます!

絢音ちゃんには早くスポットライトを浴びてほしいと思います。あまり目立たないでほしいな!て思う人もいるかもしれませんが、女性アイドルには旬というものがあります。だからキラキラしてる絢音ちゃんが記録に残るようにスポットライトを浴びてほしいという意味でそうなってほしいです。

最後に絢音ちゃんを見ると星野源が頭に流れます。まさか彼女も優しい変態⁉と思ったり思わなかったり。ちなみに流れたのは「子供」という曲です。「子供と子供が一緒になったなら二人で大人になればいい」いいフレーズです。

はじめまして

はじめまして

ひろのと申します。

ブログを書いてみようと思いました。

ブログを書くのは高校生以来…なんとなく恥ずかしい気もしますが日々の何気ない出来事を言葉にすることによって少しは変わった日常として見れるんじゃないかなと思ってます。

 

最近はドラマ「カルテット」をよく見ています。男ですけど松田龍平が見たくて観てます。なんでしょうねぇあの顔だったり虫みたいな目だったり何を着てもオシャレになる感じや走り方の癖も愛しい。。。ついつい目で追ってしまいますねぇ。何となく自分の理想が目の前にいると過保護な気分になるというか。。。(特にカルテット第2話はグッサリとやられました)不思議な人ですね松田龍平というのは。

 

何か「カルテット」の話をしちゃいましたが僕は今年四年生になる大学生で就活生です。(就活嫌だなぁ)今日は学校の面接対策を受けて自分は人とは比べてはいけないなぁと思いつつ隣の人に受け答えに感心するばかりでしたね!もうホントにこれからシビア!でもがんばらないとですね。。

 

何か話はまとまっていませんが(大丈夫か就活生)これからよろしくお願いします。