年末ですね

チャットモンチーが解散することが決まってしまった。中学生の頃から共に青春を歩んできたのに寂しいです。しかも学生が終わる年になんて。サラバ青春の歌詞に

君とよく言った坂下食堂は

どうやら僕らと一緒に

卒業しちゃうらしい

どうやら僕らと一緒に卒業しちゃうらしいけど、いないことはいることだよな。コンビニエンスハネムーンとバスロマンスはもし自分が結婚式をすることになったらこの曲かけたい!と言われたい。本当に好きだったなぁ。そしてこれは運命なんじゃないかと確信してたんだけどThe wisely brothersが2月にメジャーデビュー決まった。チャットモンチーと同じ女の子3人組でいずれSHISHAMOのライバルになるバンド。ほぼ同年代だから応援していきたい。今しか見ることできないし永遠なんて無いから見逃せないなぁ。

The Wisely Brothers サウザンド・ビネガー【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 - YouTube

 

 

そしてこれは私信なのかもしれないけれどクリスマス近いからちょっと意識してしまうのは悔しいけれど人肌が恋しい季節。もともとクリスマスは嫌いで恋人のものではない!クリスマスは家族といるもんでしょうが!みたいなスタンスだからこの時期は毎日憂鬱。クリスマスの日はここ最近は記憶がない。でもクリスマスソングの多幸感は好き。鈴の音が好きなのかもしれないけれど。そんなこんなで今は気になる人がいる。大学生活で去年は大きな出来事があり、もう恋愛する資格なんてこんな人間にはないからと諦めていたけれど、でもタイミング的にもしかしたらこの人が運命になるかもしれないって出会いがあった。初恋の人も5年間片思いした人も今気になる人も出会い方が実は一緒。初対面に近いぐらいの時に僕のことを面白がりながら笑ってくれる。一目で恋に落ちたのかもしれない。でも今、気になる人は我慢した。初めて笑ってくれた時に好きなタイプだなと思った。実際本当に可愛くて可愛くて周りに可愛いと言ってしまうぐらい。好きな女優のズーイーデシャネルに似てるし、もう本当にマジで恋に落ちる5秒前だった。それでも我慢したのは確信がないから。感じるものはあったんだ。アンサーソング合戦をしたり数を合わせてみたり動物で表してみたりとか。まるでテレパシーで通じ合えてるみたいに変なコミュニケーションをもしかしたら取っていたのかも。でもエスパーじゃないから本当のことは分からない。変な考えがあって連絡を取り合って会うのではなく偶然出会いたい気持ちがある。会いたいです。偶然、学校とかで会えたらなぁ。